ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 お知らせ 【Information!】
2017/09/15

          【ギャラリー器館 2017年〜18年 企画展の予定】
2017年
      ●安永正臣展 <Masaomi YASUNAGA> -Art Needs Genuine Criticism-
       7月29日(土)〜8月20日(日)

【開催中!】●長谷川直人展 <Naoto HASEGAWA> -Just the Way It is-
       8月26日(土)〜9月17日(日)
       *ギャラリーページのほうにもご案内をアップいたしております。
        是非ご高覧くださいませ!

【次回展!】●佐藤敏展 <Satoshi SATOH> -The Times and B.Satoh
       *ギャラリーページのほうにもご案内を新規アップいたしました。
        是非ご覧くださいませ!
       9月23日(土)〜10月11日(水)

      ●川端健太郎展 <Kentaro KAWABATA>
       10月14日(土)〜11月5日(日)

      ●新宮さやか展 <Sayaka SHINGU>
       11月11日(土)〜11月26日(日)

      ●池田省吾展 <Shogo IKEDA>
       12月2日(土)〜12月24日(日)
2018年
      ●加藤委展 <Tsubusa KATO>
       1月7日(日)〜1月28日(日)

      ●高柳むつみ展 <Mutsumi TAKAYANAGI>
       2月3日(土)〜2月25日(日)

      ●佐加豆岐の展パート[ <SAKAZUKI NO TEN・グループ展>
       3月3日(土)〜3月25日(日)
                  

                   予定は変更のある場合がございます ご了承下さいませ
                   木曜定休 ギャラリー器館

 八木一夫 【Kazuo YAGI】 信楽風変型壺(仕込付) -9774-
2017/08/27

八木一夫
作者35歳の昂揚期の作品。
古代の祭器のような風情を帯びながら、モダンであり、
時間を超越するかのような存在感を示している。
テクスチュアは、洗い出しの壁のように荒い。
長石粒が無数に浮き出ている。
見る角度によって優に美しいふくらみを持たせてある。
正面と裏に口が二つ開いている。
内部をぐるっとまわって、そこが口となったような様子である。
正面の口から、銅製の刀の鞘のような仕込が収まるようになっている。
シンプルな姿だが、手の込んだ内部構造を思わせる。
八木の高度な技術と教養が生さしめたオリジナル無比の作であろう。

(¥Pls.inquire 税抜) 共箱 (with a signed box) 高42.0cm.tall 径16.6〜18.0cm

 八木一夫 【Kazuo YAGI】 -9774-
2017/08/27

八木一夫
上段写真左より…
裏の正面。
裏正面斜めより。
裏真側面。鞘型仕込なしの口が見える。
下段写真 → 高台からの全景。

     *上掲作品別アングル(Different Angles of the Piece above)

 八木一夫 【Kazuo YAGI】 -9774-
2017/08/27

八木一夫
上段写真左から…
ほぼ真上からの景拡大。
口部拡大、稜線と鞘型仕込が見える。
口部と上部フォルム拡大。
下段写真は、鞘型仕込のディテール。

     *上掲作品別アングル(Different Angles of the Piece above)

 八木一夫 【Kazuo YAGI】 -9774-
2017/08/27

八木一夫
写真左から…
胴部テクスチュア。
裏面上部拡大。
高台部拡大。高台は糸切の跡が見える。

     *上掲作品別アングル(Different Angles of the Piece above)

 お知らせ 【Information!】
2017/08/26

●掲載作品中「SOLD」のものでも、ものによりリピート制作可、あるいは在庫のある場合が
 ございます。お問合わせくださいませ!(その他すでに売却済みの場合はご容赦くださいませ)
●共箱とあるものは、箱付き(木箱)、箱代込みでございます。
●箱なしとあるものは、ご所望の場合、別途お誂えとなります。
 製作、作者箱書き等に十日ほどのご猶予をいただいております。
 【桐の二方桟(真田紐&共布付)にて、ぐい呑サイズ\2,500、茶碗サイズ\3,500等。
  四方桟の場合は、\500増しとなります】
●画像の色彩は現物を100%写すものではございません。多少の相違はご容赦くださいませ。
●消費税につきましては、税抜あるいは旧税の表示となっております。
 恐れ入りますが、何卒ご了承のほどをお願い申上げます。

Among works marked as “SOLD,” some may be made again, or multiple versions may be in stock. Please inquire for availability. Otherwise, please forgive us if a work is already sold and unavailable. Works with wooden boxes already made for them include the price of the box in the product price. As for works without wooden boxes, we can, at the buyer’s request, have a box made for a separate fee. About ten days are necessary for a box to be made and then inscribed by the artist. For example : a paulownia wood box with a two-cleat lid with cords would be 2,500 yen for a sake cup, or 3,500yen for a tea bowl.
Colors in the online images do not always match 100% the colors of the original works. Please be aware that there may be slight differences.
For payments made from outside of Japan, three methods are available.
*Bank transfer *IPMO(International Postal Money Order) and *PayPal
If you have a PayPal account, we can send an invoice via email and you then can pay through your PayPal account.
For more information, please use the "contact us" link on our homepage. Thank you.

 長谷川直人 【Naoto HASEGAWA】 ただそこにあるもの -9773-
2017/08/26

長谷川直人

(¥130,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高(本体のみ)27.7cm.tall 径9.9〜11.4cm


      2017年9月の展、長谷川直人展より以下ご紹介申上げます。
      久々の個展であります。
      長谷川さんの作品世界は、唯一無比のものを感じさせます。
      そのインスピレーション、発想、素材との対し方、
      また技法やプロセスには、尋常ならざる色濃さがうかがえます。
      そして成った作品は高い精神性を宿していると思われます。
      学校のこともあり、寡作なのがもどかしいところですが、
      今展は当方の何回目かの懇請に応じて下さり実現いたしました。
      彼の作品は、いまにもくずおれそうな風情でいて、
      それは触れなば落ちんとする花のようでもあります。
      いわば生成変化の、きわどい一刹那を
      リアリスティックに捉え得ていると思います。
      そうのようなコンテクストでの存在感を放っていると思います。
      茶碗にも彼独自の尤品が、少なかったですが出展されました。
      一見、なんてことない碗ナリノ碗≠ノ見えますが、
      それぞれにディテールに富み、陰翳深く、
      ゆるりと、じわりと湧き出て来るような侘び味は
      この人ならではのものがあります。
      何卒のご清鑑をよろしくお願い申上げます。

      ギャラリーページのほうにもご案内をアップいたしております。
      是非ご高覧下さいませ!

 長谷川直人 【Naoto HASEGAWA】 ただそこにあるもの -9772-
2017/08/26

長谷川直人

(¥80,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高(本体のみ)21.6cm.tall 径7.8〜8.8cm

SOLD  '17 8/26

 長谷川直人 【Naoto HASEGAWA】 ただそこにあるもの -9771-
2017/08/26

長谷川直人

(¥60,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高5.1cm.tall 径9.1〜9.4cm

 長谷川直人 【Naoto HASEGAWA】 ただそこにあるもの -9770-
2017/08/26

長谷川直人
過去に作者自身が記した制作の過程と、
その思いなしのようなものを以下に掲載いたします。
ご一読賜りましたら幸甚に存じます。

【制作意図および技法に関するメモ 長谷川直人】
 制作の過程は一般的な陶磁のそれとは異なり、土で型をひねり、
 石炭灰などを中に満たし焼成したあと、型を削り、中に「生成」したものを取り出す。

 まず、焼成後切削しやすくするため、耐火粘土にアルミナ等を添加し
 耐火度をさらに上げたものを使用して、手びねりにより型を成形する。
 この際、添加したアルミナなどにより粘土の可塑性と粘性がかなり低下しているため、
 外側に通常の耐火粘土をかさねて成形していく場合もある。
 型の乾燥後、内面に離型を助けるためのアルミナと、
 作品表面の表情を形成する粘土の薄い層などをほどこし
 その後石炭灰を主成分とする数種類の釉薬粉体を充填し焼成する。
 焼成はごく一般的な1240度の酸化焼成であるが、
 石炭灰のなかに含まれるさまざまな不純物の効果で発泡し、
 型のなかは大小さまざまな気泡により構成されたカルメラ焼きのような状態になる。
 窯出し後に耐火粘土の型からなかの作品を慎重に削りだし、
 最後に表面を研磨して表情を調整していく。
 その際、全体が厚さ1mm前後のごく薄い気泡の集合であるため
 衝撃に弱く、小型の精密な電動工具で少しづつ削る。

 この一連の作品の形態は特に何かの形をイメージしたものではなく、
 技法上の理由もあるが、実際の形を見ることなくおもに感触をたよりにして、
 鋳型をつまりネガティブな空間を手びねりで成形するなかで、
 できるだけ自然に自分の内から出てくる
 何ものかの形をそのままとどめることに努めたものである。
 また、最終段階で焼成によりはじめて実体としての形が生成し、
 それを土型から掘り出すという工程は、さながら未知の化石を発掘するような感があり、
 そこではじめて出会った形態との対話をしながら
 最終的な研削作業を行いその表情の決定をしていくこととなる。

(¥70,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高(本体のみ)20.0cm.tall 径6.7〜7.2cm

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME