ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 桑田卓郎 【Takuro KUWATA】 青地金白金滴筒茶碗 -7524-
2015/01/31

桑田卓郎
結露のように玉となっているのは長石釉である。
表面張力によってかろうじてとどまっているような様子。
よく見ると玉はプラチナと金で彩られている。
この技法、長石釉を作る過程に手加えることによって成立する。
一つ聞いたのは、長石を細かくする際、
パウダー状になるまで擂るということをやるそうである。

(¥250,000 税抜) 共箱 (with a signed box) 高10.6cm.tall 径13.2cm

SOLD  '15 1/31

 高間智子 【Tomoko TAKAMA】 積層彩磁碗珠 -7523-
2015/01/31

高間智子
弊館初お目見えの作家。
これ、おわかりであろうか、色の違う磁土を三層に合わせて成形し、
下の色を削り出しによって顕わにしている。
非常な入念さと集中力が要求される仕事であろう。
器体も薄い。三層になっているとは思えないほどである。
以前は削りに固さが見られ、
ともすれば硝子のサンドブラストのような味気なさがなきにしもあらずであったが、
最近はより手跡のぬくもりが加味されるようになり、
一段ステージが上ってきた。
大いに期待される新進といえる。
2005 大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修士課程造形表現卒
2006 SAVOIR VIVRE 東京
2007 SAVOIR VIVRE 東京
2011 滋賀県立陶芸の森 スタジオアーティスト個展
2011 陶芸の森美術館ギャラリー 滋賀グループ展
2004 日中交流展(中国)

(¥30,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高8.5cm.tall 径12.7〜13.1cm

SOLD  '15 3/10

 高間智子 【Tomoko TAKAMA】 積層彩磁碗結 -7522-
2015/01/31

高間智子
これも三層だと思う。削りのラインが流麗である。
少し乾いたように見える器肌に、淡い緑の釉が、釉垂れも美しく瑞々しい。

(¥30,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高8.4cm.tall 径11.8〜12.4cm

 高間智子 【Tomoko TAKAMA】 積層彩磁碗珠 -7521-
2015/01/31

高間智子

(¥30,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高7.9cm.tall 径12.2〜12.5cm

SOLD  '16 8/26

 丹羽シゲユキ 【Shigeyuki TANBA】 彩磁削出遊碗LOTUS -7520-
2015/01/31

丹羽シゲユキ
1978年北海道生まれ。
京都精華大学大学院修了。札幌で真摯に制作に励んでいる。
これらの作は、彫塑作品とも言うべきもので、まず磁土を石膏型に当てて、碗ナリを得る。
この時の土の厚みは4センチほどもあるという。
それから目指すフォルムへと削り上げていく。
ためつすがめつの作業であろう。
本体よりも削った土の量のほうが多いのではないか。
ここまでがラフな削りで、ディテールに渡る削りは素焼後に行う。
素焼きは削りやすくするため、600℃くらいに押さえておくとのこと。
彼の作業は、あたかも一木のなかに宿る仏(ブツ)を希求する作業のようなものなのかも知れない。
一削り一削りに込める彼の心の純粋さ、優しさといったものが窺い見れるのである。
今回は淡く色を差して新境地が開けたのではないか。
高台の用をなす部分の作りも洗練されてきた。

(¥30,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高9.5cm.tall 径13.6〜14.3cm

on reserve

 丹羽シゲユキ 【Shigeyuki TANBA】 彩磁削出遊碗華姿 -7519-
2015/01/31

丹羽シゲユキ

(¥35,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高8.7cm.tall 径15.5〜16.5cm

 丹羽シゲユキ 【Shigeyuki TANBA】 彩磁削出遊碗FLORAL -7518-
2015/01/31

丹羽シゲユキ

(¥35,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高8.7cm.tall 径12.9〜13.4cm

SOLD  '15 2/6

 堤展子 【Nobuko TSUTSUMI】 金彩大山椒魚赤筒碗 -7517-
2015/01/31

堤展子
大山椒魚を高台に貼りつける発想は、堤ならではのものがある。
見込の濃い銅緑釉のよどみは、山椒魚の棲家のようである。
1958年大阪生まれ。大阪芸大卒。京都市立工業試験場了。
大学では柳原睦夫に師事。かの山田光の工房に一時いたこともある。
あらためて書くまでもないが、彼女の作風は、
奔放であり、極彩色であり、キッチュであり、混在的であり、寓意的である。
そしてある種の毒々しさ、おどろおどろしさといった側面も併せ持つ。
要するにダブルミーニングであり、そこに彼女の作品の奥行きがあり、
極彩色の世界から通奏低音のように響いてくるのは、
ある種の哀調であり、無常観であり、
それが見る者にこれもある種のカタルシスのようなものを感じさせる、
そのような作をものする人だと思う。

(¥50,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高12.5cm.tall 径13.0〜13.3cm

 堤展子 【Nobuko TSUTSUMI】 金彩花卉地龍文赤筒碗 -7516-
2015/01/31

堤展子
こちらは龍が高台となり、アトラスのように全体を支えているよう。
器体は貼花の技法により成形されている。赤の呈色が非常に鮮やか。

(¥60,000 税抜) 箱なし (without wooden box) 高12.9cm.tall 径12.4〜12.6cm

 中田博士 【Hiroshi NAKATA】 真珠光彩茶碗 -7515-
2015/01/31

中田博士
真珠という一つの自然美を、
人為のなかに取り込まんとして達成されたもの、といった印象である。
これはいわゆるラスター釉ではなくて、白磁の範疇に入るものとの由。
ロクロ成形(非常にシャープ)したあと、白磁釉をかけ本焼き。
縦に走るライン(底へ行くほどに細くなっている)をマスキングして、
それから作者薬籠中の釉を施す。
大きくは白磁釉なのだが、
焼成温度は上絵付けのそれと、本焼きとの中間あたりとのこと。
薬籠中のものだからよくわからないが、雲母を加えその効果を抽き出している。
独特の光彩、色合い、テクスチュア、それにマチエールであろう。フォルムも流麗かつ鋭い。
腕も確かな本格の人と言いたい。これから大きな存在となっていくのではないか。

1979 石川県小松市に、中田一於の長男として生れる
2002 大阪美術専門学校陶芸家卒業
2004 京都精華大学陶芸専攻卒業
2005 国際陶磁美濃 銅賞
2009 菊池ビエンナーレ 入選
2009 日本伝統工芸展 新人賞
2010 金沢世界工芸トリエンナーレ(金沢21世紀美術館)
2010 現代陶芸アートフェア(東京国際フォーラム)
2012 日本工芸会正会員


(¥100,000 税抜) 共箱 (with a signed box) 高9.9cm.tall 径11.6cm

SOLD  '15 2/28

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME