ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 片山亜紀 【Aki Katayama】 色泥襲茶碗 -5336-
2012/12/01

片山亜紀

(\26,250 税込) 箱なし(without wooden box) 高6.6cm.tall 径12.1~12.4cm

 片山亜紀 【Aki Katayama】 積層削出茶杓 -5330-
2012/12/01

片山亜紀

(\21,000 税込) 箱なし(without wooden box) 高2.0cm.tall 径1.0~17.0cm

SOLD  '14 11/29

(同手にて多少の在庫ございます)

 お知らせ 【Information!】
2012/11/27

●掲載作品中「SOLD」のものでも、ものによりリピート制作可、あるいは在庫のある場合が
 ございます。お問合わせくださいませ!(その他すでに売却済みの場合はご容赦くださいませ)
●共箱とあるものは、箱付き(桐箱)、箱代込みでございます。
●箱なしとあるものは、ご所望の場合、別途お誂えとなります。
 製作、作者箱書きに十日ほどのご猶予をいただいております。
 【桐の二方桟(真田紐&共布付)にて、ぐい呑サイズ\2,500、茶碗サイズ\3,500等。
  四方桟の場合は、\500増しとなります】
●画像の色彩は現物を100%写すものではございません。多少の相違はご容赦くださいませ。
●消費税につきましては、税抜あるいは旧税の表示となっております。
 恐れ入りますが、何卒ご了承のほどをお願い申上げます。

Among works marked as “SOLD,” some may be made again, or multiple versions may be in stock. Please inquire for availability. Otherwise, please forgive us if a work is already sold and unavailable. Works with wooden boxes already made for them include the price of the box in the product price. As for works without wooden boxes, we can, at the buyer’s request, have a box made for a separate fee. About ten days are necessary for a box to be made and then inscribed by the artist. For example : a paulownia wood box with a two-cleat lid with cords would be 2,500 yen for a sake cup, or 3,000yen for a tea bowl.
Colors in the online images do not always match 100% the colors of the original works. Please be aware that there may be slight differences.
For payments made from outside of Japan, three methods are available.
*Bank transfer *IPMO(International Postal Money Order) and *PayPal
If you have a PayPal account, we can send an invoice via email and you then can pay through your PayPal account.
For more information, please use the "contact us" link on our homepage. Thank you.

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 織部双耳花入 -5315-
2012/11/27

鯉江良二
どこかひょうげて愛嬌のある姿をしている。
双耳のせいか、ある種の偶の気配のようなものを感じてしまう。
濃く美しく織部釉が呈色している(現物のほうが格段に)。
片身には口から胴にかけて鉄釉がたっぷり掛かり、鈍く光を放っている。
片身替りといっていいだろう。
こんなふうな耳を付ける人はいない。
口のところの内外に一ヶ所ずつ窯キズが見られるが、どちらも裏まで通っていない。

(\68,250 税込) 共箱(with a signed box) 高18.8cm.tall 径10.6~12.0cm

SOLD  '13 5/6

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 辰砂織部筒花入 -5314-
2012/11/27

鯉江良二
これはおそらく三段式であろうと思う。ベース、胴、盤口がアサンブルされている。
須恵器にもパーツをくっつけたものが多く、あれもいわばアサンブラージュといえよう。
この、土管を連想させるようなかたちは、作者に多く見られるが、
そのなかでもこれは秀逸、群を抜いていよう。
例によって織部釉の美しさは画像では不足があるが、
その織部のなかに赤みがかった釉景色があちこちに見られる。
これが銅によるものなのかよくわからない。織部は酸化炎、辰砂は還元炎でしか出ないので。
銅だとすれば、織部と辰砂の同時発現である。
そかしそれはそれとして、このフォルムには見入らされる。
360度どこから回し見てもジャジーそのもので、突き抜けたような自由の境地である。
高台底に時計図のようなものが浮き出ている。

(\210,000 税込) 共箱(with a signed box) 高28.2cm.tall 径1.8~12.1cm

SOLD  '12 12/5

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出白茶碗壱番=@-5313-
2012/11/15

鯉江良二
これは化粧地ではなくて、白釉の上に鉄を存分に撒き散らかしている。
黒はあくまで黒く、白もそうで、目の冴えるような茶碗である。
高台回りの、利休鼠のような炭化グレーが、引き出したことを物語る。
アーティスト鯉江良二作中の、上澄み中の上澄みに位置する作だと思う。
口縁外の一部に釉の浮きが見えるが、漆による繕いでさらに価値を上げたく思っている(繕い済)。

(\210,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.9cm.tall 径12.8~13.8cm

SOLD  '12 11/23


    鯉江良二、茶碗の世界の粋をご紹介いたしたく、第二弾として特集してみました。
    つくづくと古今の茶碗を眺むるに、先生のものほど、茶の根本精神である自由
    というものを体現しているものはないように思われます。
    それはとらわれを離れた、精神の自由という意味と価値を具現しているように思われます。
    先生は別に茶碗に執著する人ではないのですが、しかしどうもこの掌中におさまる
    小立体が、自身の心の裡を盛り込むのに好適らしく、また見る者にも鯉江芸術の凝縮が
    ここにあるように思われるのです。
    先生の茶碗は、大げさに言えば、美なるもの、善なるもの、真なるものといった、
    そういったイデア的価値を示唆しているような姿でそこに在ります。
    そして魅了して止みません。
    鉄斎は、八十、九十と尻上がりに高揚していったとの由、
    さて齢七十四の先生のこれからは如何に相成るのか、
    先生と同時代にあることに僥倖を覚えつつ、
    願わくばこれからもい幾久しく見続け、見届けてゆきたく思っております。
    なにとぞのご清鑑、ご批評を賜りますようお願い申上げます。

                                                              ギャラリー器館拝

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出白茶碗 -5312-
2012/11/15

鯉江良二
全面、内も外も白い梅花皮(カイラギ)に覆われている。
まるで鮫肌を張ったようでカッコいい。日本刀の柄(ツカ)にも用いられているあれである。
一筆、鉄が刷いてあるが、この筆致は余人には真似できないように思われる。
黒から淡緑、そして筆止めは黒となっている。
高台回りは、梅花皮が銀化しつつさらにダイナミックに現れている。
これも尤品であると思う。
見込底のソゲは、卵殻と漆でもって繕いたく思う(銀繕い済)。

(\178,500税込) 共箱(with a signed box) 高8.9cm.tall 径11.6~12.0cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引鉄彩茶碗 -5311-
2012/11/15

鯉江良二
鯉江は思い切りの人である。百尺竿頭一歩を進むというが、鯉江茶碗には迷い、逡巡がない。
この高台と脇の削りにもそれが見て取れる。
腰から急角度で削りが入っている。こんなに削って穴が開かないかと思わせるほどである。
結果、序破急のメリハリが出て、ゆったりとしたリズムから、高台回りで急となり、
その急を緊張感をもって締めくくっている。
口の皮鯨、鉄班の描きようもまさにアクションペインティングである。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高9.1cm.tall 径13.6~14.5cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引鉄彩茶碗 -5310-
2012/11/15

鯉江良二
鯉江茶碗のフォルムは千変万化である。
シンメトリックなものもあれば、ゆがみ、ひょうげ、乱調の美を示すものがある。
よく一人の人間からこれだけのヴァラエティーが出せるなあといつも思う。
これなど昨今注目のアールブリュットかと思わせるものがある。すなわち童子の心で作っているのである。
しかしあくまでそれは鯉江良二という人の、ある一面にすぎない。
どこが正面かわからぬ奔放な茶碗。高台の削りは途中でやめたようになっている。
とらわれ≠ゥら遠くにある茶碗である。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.3cm.tall 径13.6~13.9cm

SOLD  '12 11/23

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 米国手沓茶碗 -5309-
2012/11/15

鯉江良二
アメリカはセントジョーンズというところでの作。彼の地の友人の巨大な穴窯で焼いたとの由。
非常に鉄分の強いドベ(泥土)を塗ってから焼いている。丹波の赤ドベの技法を思い起こす。
その効果も手伝ってか、めくるめく景色となっている。
自然釉がなだれを打って見込に流れ込んでいる。
ゴマ風に焼けたところ、いや増しのドベの黒、鼈甲色、赤褐色と見飽きない。
裏を返せば、ヘラ削りが複雑に入っている。さまざまな面が、モザイクのように隣り合っている。
こういったヘラ入れはあまり見たことがない。口はあきらかな沓形。
インターナショナルな風情の、存在感強烈な一碗。

(\199,500 税込) 共箱(with a signed box) 高9.4cm.tall 径14.2~14.8cm

SOLD  '14 6/3

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME