ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 鯉江良二 【Ryoji Koie】 南蛮手茶碗 -5288-
2012/11/11

鯉江良二
現物の土色は、画像よりも濃く渋い、南蛮本来の、赤みの効いた茶褐色というところ。
南蛮手の茶碗に施釉してしまうという発想。初めて見る。
南蛮手と鯉江との初コラボともいうべき行為。
ルール、先入主に縛られない。自由に危なく遊ぶのである。遊んで様になる人なのである。
釉と、南蛮手のマチエールの対比の妙。釉掛けによる即興性、絵画性。
高台とその脇は炭化している。片薄の三日月高台。その削りにも見入らされる。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高8.3cm.tall 径12.0~13.0cm

SOLD  '12 11/18

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 灰釉杉形茶碗 -5286-
2012/11/11

鯉江良二
高台に向かって、すとんとすぼまっていくのを杉形(なり)という。
どのような灰釉を用いたのか、ちょっとうかがい知れないが、その濃淡、重ね掛けと、
先生けっこう遊んでいて、まるで斑唐津を見るような微妙な変化に富む。
土の色とのマッチングにも妙がある。
この土、不思議なマチエールで、さらさらとした微細な砂を固めたよう土である。
ふっと出来てしまったような姿、そのときトランス状態にあったのか、脱力時にあったのか、
鯉江良二の真骨頂が垣間見える作だと思う。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高9.5cm.tall 径12.2~12.6cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出皮鯨茶碗 -5283-
2012/11/11

鯉江良二
口縁に、鉄が口紅のようにめぐらされてあるのを皮鯨という。
たすき掛けの黒から伸びるようにすっと線分が引いてある。途中で止めてあるのが心にくい。
姿は井戸形か。
引出してあるので、黒が鮮やかである。
胴の白化粧もかすかにラスター化して真白く映えている。高台脇の一部が銀化している。
モノトーンの見事な絵画的世界となっている。

(\147,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.8cm.tall 径13.8~15.4cm

SOLD  '12 11/18

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出黒茶碗 -5282-
2012/11/10

鯉江良二
引出黒は鯉江の得意手の一つで、その数あまたあるが、驚異的なのは、
一碗一碗まったく違うというか、人間で言えば別人に仕立て上げているということである。
余人にはできないことである。
もちろん鯉江とて人だから、出来不出来はあるが。
胴で一旦締まり、ほどよく、絶妙に端反りとなっている。端正な姿である。
釉の掛け外しもこれまた絶妙と言いたい。
見込はたっぷりと、州浜に寄せ来る波のような印象である。

(\189,000 税込) 共箱(with a signed box) 高9.0cm.tall 径116~12.8cm

SOLD  '12 11/17

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 刷毛目茶碗 -5280-
2012/11/10

鯉江良二
刷毛目というより、うっすらと遠くに、細長く雲がたなびいているような感じである。
見込がとくに美しい。
姿も美しい。腰からきれいなラインを描いて、口でまさにつぼまらんとするその刹那に終わっている。
見えない延長線のようなものが感じられる。
この刷毛目は、水挽きした直後にさっと刷いたのではないか。
だから溶け合ってにじんだような、墨絵のような効果が出るのかもしれない。
土は赤鉄鉱のような赤い荒い土。それが釉をかぶって、利休鼠のような色目を呈している。
鯉江中、尤品だと思う。

(\178,500 税込) 共箱(with a signed box) 高8.8cm.tall 径12.8~13.2cm

SOLD  '12 12/5

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 タイランド手茶碗 -5279-
2012/11/10

鯉江良二
2011年、ある大学に招かれた折の、タイはバンコクでの作。。
日本からレンガを数千個送って、窯を築くところから始めたとの由。大変だったろうと想像される。
先生は万邦各地からお呼びが掛かる。齢古希を過ぎてそれに応じようとされるところが偉いと素直に思う。
この茶碗は堅い土である。もちろん近在の土だろう。ストーンウェア、すなわちセッ器のようである。
うす緑の自然釉が美しい。口作りは州浜のように入り組んでいる。しかし格好の喫み口がある。
たっぷり釉をかぶった小さな蛇の目高台が心にくい。
ところでこれは、見込の茶溜りのところ一ヶ所で支えて、伏せ焼をしている。
釉ソゲのようになっているのはそのためである。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高9.0cm.tall 径12.4~12.9cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 タイランド手茶碗 -5278-
2012/11/10

鯉江良二
これもタイでの作品。上掲のとは土が違うようである。これは土モノである。
焼〆風だが、程よく自然釉の洗礼をうけて、千変の表情を見せている。
テクスチュアは見た目ほどザラついていない。茶巾だって回るだろう。
蛇腹のようにロクロ目が走っている。
高台とその周りの削りは、いわば抽象的彫塑のようでいて、見事と言わしめるものがある。
これも伏せ焼きゆえ、畳付きにも灰が被る。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高8.0cm.tall 径11.0~11.8cm

SOLD  '17 2/20

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引鉄彩茶碗 -5277-
2012/11/10

鯉江良二
やや小振りの白化粧茶碗。鯉江にしては静まった大人しげな姿である。
口作りはやや沓を描いて三方へ開く。
口縁の半周にわたってきりっとエッジが立っている。全体を引き締めている。
残りの半周はエッジを消している。
化粧部分、とくに見込は全面に、梅花皮(カイラギ)が見られる。鮫皮である。刀のツカを連想させる。
土は砂を含んで荒い。高台は二重高台。
ことほどさようにいくらでも描写をすることができる。内容豊富なのである。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高7.8cm.tall 径11.0~12.0cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出銀沓茶碗 -5276-
2012/11/09

鯉江良二
そんなに大きくはない茶碗だが、持ち重りのする茶碗。
手に取れば、この作ならではの、金属的質感といったものに尋常ならざる存在感を覚える。
堅い。高温で焼き抜いている。
どういう偶然か、蓋然か、あるいは必然によってこういうものが出来るのか。
しかし最初に鯉江の作為、謀(はかりごと)があっての結果であることは確かである。
全体に黒光りする銀が、バーバリックな趣きと共にこの茶碗を決定付けている。
正面の反対側(鯉江の茶碗は無数に正面があるのだが)にも銀化した鉄が、左右からさっと流されてある。
正面との場面展開、見事な片身替りとなっている。
高台周りの点々と見られる赤は、なんだろうと、はじめはわからなかった。
焼成後、もっと遊ぼうと思ったけど、やっぱりやめたということなのか。
鬼板が塗られたままなのだろう。焼かずに。だからこの赤は使っているうちに取れるだろうと思う。
もしリクエストしても二度とは無理な茶碗である。

(\189,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.1cm.tall 径11.0~14.2cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 織部沓茶碗 -5274-
2012/11/09

鯉江良二
グリーン系の色は、画像では出にくいようで、現物はモスグリーンといった色目である。
それが胴から腰の釉垂れにかけて群青色へと変化していく。
見込の、うすく掛かった水釉のところも苔のように緑がかっている。
釉が厚かったのか、焼成の具合か、この茶碗、一面にブクが現れている。いわゆるユズ肌である。
きっと加熱が急だったのだろう。
失敗作とは見ない。ユズ肌織部に類品はない。これ一碗のみである。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.3cm.tall 径11.8~12.6cm

SOLD  '17 2/8

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME