ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 斑唐津急須 -6001-
2013/06/02

梶原靖元

(\31,500 税込) 共箱(with a signed box) 高12.2cm.tall 径13.8~16.6cm

SOLD  '13 6/1



 以下に、梶原作品のご清賞の一助にと思い、
 ある方の展評を挙げさせていただきます。
 ご一読賜りましたら幸甚に存じ上げます。

●公益社団法人日本陶磁協会発行、月刊誌『陶説』7月号所収、関西の展評より
 
 梶原靖元は、現在の唐津焼の先端を行く作家の一人であるとともに、
 私にとって、唐津焼そのものに1つの切断をもたらした人である。
 つまり梶原以前と以後では唐津焼に対する見方が変わった。
 彼よりも知名度のある作家はいくらでもいるが、
 梶原ほど後続の(若い)作家たちに意識されている人は少ないだろう。

 唐津焼の美を形成しているのは、言うまでもなく、数々の古唐津の伝世品である。
 従って「古唐津とは何か」という問いをこの美意識と切り離すことは出来ない。
 だがそれを、梶原以前の作家たちは
 「どのような特徴が古唐津の美を形成しているか」という問いに
 置き換えた上で、伝世品から抽出した種々の特徴
 (形態、色合い、土味、絵柄、古色・・・)を
 巧みな技でなぞり写してきたのであった。

 対照的に、梶原にそのような「巧さ」はない、
 というか彼はそれを必要としない。
 梶原は「古唐津とは何か」、
 すなわち「当時、どこから来たどのような陶工が、
 どの土をどう捏ねて、何の釉薬で何窯で、どう焼いたのか」を逐一探究し再現する。
 言い換えれば新しく古唐津(?)を作ってしまうからだ。
 彼は、言わばタイムマシンで、
 ―地質学的な土壌分布と窯の中の物理化学的なプロセスに
 今も昔も変わりはない事実により
 ― 現代にやってきて、同じ材料と同じ窯で制作する
 16世紀の陶工なので、何も写す必要がないわけである。
 その作品に絵唐津が稀である理由もその辺にあるだろう。
 皆がそれと認識する絵唐津の「絵」は、写さざるをえないからである。

 基本的に梶原作品は、
 唐津各地で採集した岩石(砂岩・頁岩)を砕き精製して作る粘土(単味)を用い、
 様々な草木灰の釉薬をかけ、それを穴窯で焼いて作られる。
 彼は、古唐津の「土味」は石で出来ているという説を実証して見せた人の一人なのだ。
 清潔でカリッと引き締まった美しい高台周りは彼のトレードマークである。

 その古唐津は、朝鮮の技術を日本に移植して発生したのであるから、
 「古唐津」を問う人が、そのまま李朝白瓷を問い、
 遡行して高麗青瓷を問い、汝窯を問うのは当然である。
 多彩な唐津のヴァリエーションと並んで、本展に堅手、粉引、「清涼瓷」釉、
 月白釉、鈞窯釉等が登場するのはそのためである。
 その歴史的関心は、近年日韓中で行われる発掘調査が、
 岸岳古窯や高麗茶碗や汝窯について、
 文献と伝世品によって形成されてきた従来のイメージを
 裏切るような新知識を次々ともたらしていることと並行している。
 
 また、輸入された朝鮮の技術が日本の陶芸の源流となった例としては、
 唐津に遠く先立って5世紀の須恵器がある。
 新羅や伽耶から伝来した技術で須恵器を焼いていた、
 寒風古窯跡を始めとする諸窯から備前焼が発生した。
 古唐津の問いは備前にも通じるわけだ。
 灰色の還元焔の須恵器から、
 何故、どのように赤い酸化焔の備前が生じたのか、備前とは何か?
 本展の新羅土器風の黒瓷・黒釉作品はそこに由来し、
 さらに超絶技巧の金接ぎによって時代を横断する茶陶に仕上がっている。
 寒風鈞窯盃もまた、須恵器と青瓷、2つの流れのミックスである。
 
 梶原靖元は、あれもこれもする移り気な作家なのではない。
 彼はきわめて求心的であり、その作品が多種多様に見えるとすれば、
 それは、歴史において求心とは1つの中心に向かうことではなく、
 複数の源流を発見することだからである。
 むしろ今回の個展は、
 梶原靖元という陶芸家の来し方行く末のためのマトリックスのようだ。
 彼の関心は、石と土のあいだ、還元焔と酸化焔のあいだにあり、
 古唐津はそこで極めて興味深い位置を占めているのである。
 青瓷、須恵器、朝鮮と複数の源流へ遡るその展開のなかに、
 発生期の唐津が立体的に浮かびあがってくる。
                           美術評論家・同志社大学教授 清水穣

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 清涼瓷茶注 -5999-
2013/06/02

梶原靖元
掲載作で清涼瓷とあるのは、中国北宋の汝窯青磁にモチベートされてのタイトル。
梶原は中国の河南省の清涼寺という寺へ行ったことがある。
その寺の境内には汝窯青磁を焼いた窯があったとのこと。
その窯で焼かれたものは、寺専用の什器として使われていた。
話を聞けば、その青磁には、釉に瑪瑙を加えていたとの由。
昔の人は瑪瑙という玉を入れることで、この世ならぬ青磁を作ろうとしたのだろう。
そのようなストーリーに触発され、動かされての梶原のこの清涼瓷である。
彼も清涼寺汝窯のひそみにならって、
瑪瑙を実際に加えている。瑪瑙には珪酸鉄が含まれているという。

(\12,600 税込) 共箱(with a signed box) 高4.5cm.tall 径6.1~10.0cm

SOLD  '13 8/14

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 青飯洞甕茶呑(汲出) -5982-
2013/06/02

梶原靖元
飯洞甕は、はんどうがめと読む。古唐津発生期の窯の名である。
これはキャプションに青がついているが、緑がかった呈色である。
梶原がこれに限らず古窯名を付すのは、その場所の素材を採用するからでもあり、
またそうでなくても、素材から風情まで、
いや心情まで往時のものに肉薄できたと思える場合である。

(\6,300 税込) 箱なし(without wooden box) 高4.6cm.tall 径9.9~10.1cm

SOLD  '13 6/11

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 白飯洞甕盃 -5978-
2013/06/01

梶原靖元

(\18,900 税込) 共箱(with a signed box) 高4.8cm.tall 径7.0~7.6cm

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 寒風鈞窯盃 -5968-
2013/06/01

梶原靖元
寒風、さぶかぜと読む。
岡山の牛窓町の地名で、須恵器の古窯址が点在する。現在の備前の源流と目されている。
そこの山土で作った。
いかにもオリジンに重きを置く梶原らしい。
それに中国鈞窯の基礎釉である澱青釉を施釉。
まさに青の澱みが美しい。

(\12,600 税込) 共箱(with a signed box) 高3.0cm.tall 径8.9~9.0cm

SOLD  '13 8/14

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 月白瓷盃 -5964-
2013/06/01

梶原靖元
清浄かつ無垢な姿をしている。月白とは澱青釉の謂いであるが、
これは鈞窯青磁あるいは青白磁を思っての作か。
高台の造りに見ほれてしまう。

(\12,600 税込) 共箱(with a signed box) 高3.4cm.tall 径7.2~7.4cm

SOLD  '13 6/11

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 通度寺粉引盃 -5960-
2013/06/01

梶原靖元
梶原は唐津を朝鮮、中国の歴史的文脈で捉えている。そのスケールがある。
実際に確たる目的をもって足しげく彼の地へ行く。
これは韓国の通度寺(トンドサ)という寺の窯で焼いたもの。向うでの作である。

(\14,700 税込) 共箱(with a signed box) 高3.9cm.tall 径9.6~10.0cm

SOLD  '13 6/1

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 黒瓷隻耳盃(大) -5954-
2013/06/01

梶原靖元
新羅とかの古代朝鮮のものからのインスピレーションではないか。
極うすの器胎に薄く鉄を刷く。
高温焼成、強烈な還元をかけて焼く。
窯内でフォルムが動いている。
キレてしまったが、金とのマチエールの対比、金繕いが見事で、模様と化している。

(\31,500 税込) 共箱(with a signed box) 高5.1cm.tall 径7.5~8.0cm

SOLD  '13 6/16

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 新羅土器壺(大) -5941-
2013/06/01

梶原靖元
以下の三点は、古代王朝新羅の土器(還元高温焼成)にインスパイアされての作。
新羅も、わが国須恵器のオリジンである。
これは黒が青光りしている。カリカリに焼けている。
素材、フォルムともに往時に近くしてあるというが、これを黒一色に翻案するのが彼の力であろう。

(\42,000 税込) 共箱(with a signed box) 高20.6cm.tall 径13.0~13.6cm

 梶原靖元 【Yasumoto Kajihara】 新羅土器壺(中) -5940-
2013/06/01

梶原靖元

(\31,500 税込) 共箱(with a signed box) 高18.2cm.tall 径11.6~11.7cm

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME