ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出白茶碗壱番=@-5313-
2012/11/15

鯉江良二
これは化粧地ではなくて、白釉の上に鉄を存分に撒き散らかしている。
黒はあくまで黒く、白もそうで、目の冴えるような茶碗である。
高台回りの、利休鼠のような炭化グレーが、引き出したことを物語る。
アーティスト鯉江良二作中の、上澄み中の上澄みに位置する作だと思う。
口縁外の一部に釉の浮きが見えるが、漆による繕いでさらに価値を上げたく思っている(繕い済)。

(\210,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.9cm.tall 径12.8~13.8cm

SOLD  '12 11/23


    鯉江良二、茶碗の世界の粋をご紹介いたしたく、第二弾として特集してみました。
    つくづくと古今の茶碗を眺むるに、先生のものほど、茶の根本精神である自由
    というものを体現しているものはないように思われます。
    それはとらわれを離れた、精神の自由という意味と価値を具現しているように思われます。
    先生は別に茶碗に執著する人ではないのですが、しかしどうもこの掌中におさまる
    小立体が、自身の心の裡を盛り込むのに好適らしく、また見る者にも鯉江芸術の凝縮が
    ここにあるように思われるのです。
    先生の茶碗は、大げさに言えば、美なるもの、善なるもの、真なるものといった、
    そういったイデア的価値を示唆しているような姿でそこに在ります。
    そして魅了して止みません。
    鉄斎は、八十、九十と尻上がりに高揚していったとの由、
    さて齢七十四の先生のこれからは如何に相成るのか、
    先生と同時代にあることに僥倖を覚えつつ、
    願わくばこれからもい幾久しく見続け、見届けてゆきたく思っております。
    なにとぞのご清鑑、ご批評を賜りますようお願い申上げます。

                                                              ギャラリー器館拝

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出白茶碗 -5312-
2012/11/15

鯉江良二
全面、内も外も白い梅花皮(カイラギ)に覆われている。
まるで鮫肌を張ったようでカッコいい。日本刀の柄(ツカ)にも用いられているあれである。
一筆、鉄が刷いてあるが、この筆致は余人には真似できないように思われる。
黒から淡緑、そして筆止めは黒となっている。
高台回りは、梅花皮が銀化しつつさらにダイナミックに現れている。
これも尤品であると思う。
見込底のソゲは、卵殻と漆でもって繕いたく思う(銀繕い済)。

(\178,500税込) 共箱(with a signed box) 高8.9cm.tall 径11.6~12.0cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引鉄彩茶碗 -5311-
2012/11/15

鯉江良二
鯉江は思い切りの人である。百尺竿頭一歩を進むというが、鯉江茶碗には迷い、逡巡がない。
この高台と脇の削りにもそれが見て取れる。
腰から急角度で削りが入っている。こんなに削って穴が開かないかと思わせるほどである。
結果、序破急のメリハリが出て、ゆったりとしたリズムから、高台回りで急となり、
その急を緊張感をもって締めくくっている。
口の皮鯨、鉄班の描きようもまさにアクションペインティングである。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高9.1cm.tall 径13.6~14.5cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引鉄彩茶碗 -5310-
2012/11/15

鯉江良二
鯉江茶碗のフォルムは千変万化である。
シンメトリックなものもあれば、ゆがみ、ひょうげ、乱調の美を示すものがある。
よく一人の人間からこれだけのヴァラエティーが出せるなあといつも思う。
これなど昨今注目のアールブリュットかと思わせるものがある。すなわち童子の心で作っているのである。
しかしあくまでそれは鯉江良二という人の、ある一面にすぎない。
どこが正面かわからぬ奔放な茶碗。高台の削りは途中でやめたようになっている。
とらわれ≠ゥら遠くにある茶碗である。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.3cm.tall 径13.6~13.9cm

SOLD  '12 11/23

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 米国手沓茶碗 -5309-
2012/11/15

鯉江良二
アメリカはセントジョーンズというところでの作。彼の地の友人の巨大な穴窯で焼いたとの由。
非常に鉄分の強いドベ(泥土)を塗ってから焼いている。丹波の赤ドベの技法を思い起こす。
その効果も手伝ってか、めくるめく景色となっている。
自然釉がなだれを打って見込に流れ込んでいる。
ゴマ風に焼けたところ、いや増しのドベの黒、鼈甲色、赤褐色と見飽きない。
裏を返せば、ヘラ削りが複雑に入っている。さまざまな面が、モザイクのように隣り合っている。
こういったヘラ入れはあまり見たことがない。口はあきらかな沓形。
インターナショナルな風情の、存在感強烈な一碗。

(\199,500 税込) 共箱(with a signed box) 高9.4cm.tall 径14.2~14.8cm

SOLD  '14 6/3

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出黒茶碗 -5308-
2012/11/15

鯉江良二
鯉江の引出黒は、現代にあって独壇場、圧巻であろう。
有象無象の物のなかで、はるか高く抜きん出た存在感を示している。
一口で言えばオリジナリテなのである。
もちろん鯉江も過去の恩恵は蒙っている。それへの憧れ、尊敬もあるだろう。
しかし古人の糟粕をなめるのみでは甲斐がない。
過去を借りて過去を超克できているという意味で、鯉江は稀有の人であるといいたい。
鯉江茶碗の上澄みの部分において、その自由度において、これを凌駕する人は、
今のところ生きている人の内には見出せないのではないか。

(\189,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.4cm.tall 径12.7~13.0cm

SOLD  '14 6/3

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出黒大茶碗 -5307-
2012/11/15

鯉江良二
深く大きく空ろなる空間を擁する茶碗。
サイズ的には女性の手には余るかもしれない。
姿、格、風情、迫力において別格なものがある。
黒の総掛けだが、一ヶ所掛け外しが見える。仏像の額のところの、縦に開いている三眼のようである。

(\210,000 税込) 共箱(with a signed box) 高10.4cm.tall 径15.8~16.4cm

SOLD  '14 6/3

 鯉江良二 【Ryojj Koie】 引出黒茶碗 -5306-
2012/11/15

鯉江良二
少し小振りの引出黒。
これは特に黒が鮮やかというか、烏の羽のごとく漆黒に反応している。
そのなかを白がなだらかな山を描くように胴に配されている。
高台はいぶし銀のようにかすかに光を照り返す。
その脇の黒がブクを見せて、またちがったテクスチュアである。
口縁のキズは引き出しの際に付いたもの。

(\189,000 税込) 共箱(with a signed box) 高9.3cm.tall 径11.6~12.4cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引鉄彩茶碗 -5305-
2012/11/15

鯉江良二
深茶碗。シンプルな姿に陰翳深く景色を映している。
遠景近景とパースペクティブな世界が広がり想像をかきたてられる。
化粧して、鉄を刷いて、また思いのままに化粧を刷き、拭ったりして、
そしてこの抽象を成立させている。
高台まわりも秀逸で、かせて焦げた様子がすこぶる侘びている。

(\178,500 税込) 共箱(with a signed box) 高11.1cm.tall 径11.6~12.6cm

SOLD  '12 11/23

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引鉄彩茶碗 -5304-
2012/11/15

鯉江良二
前掲の茶碗と同じ窯かも知れない。これも秀逸で、作者の融通無碍、自在の世界が如実である。
見込をじっと覗き込んでいると、地球外のどこかに降り立ったような気がしてくる。
上釉厚く、還元により美しく灰青色が出ている。画像よりも鮮明である。
高台は濃茶の土見せで、貝の目跡のところがくぼみ、畳付きが山並みを描いている。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.5cm.tall 径12.8~13.4cm

SOLD  '12 11/18

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME