ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 鯉江良二 【Ryoji Koie】 IOWA手焼〆茶碗 (2006) -4189-
2011/07/19

鯉江良二
米国アイオワにて作る。井戸脇風の姿である。
火前と火裏が瞭然としている。
火前は、腰から胴まで高温で焼き切ったようにかせ、
見事な灰被りの様相。
ぼつぼつと、海揚がりものの富士壺の跡のような景色が見える。
それが光線により淡く青みを帯びる。
火裏は、火色も美しく、炎が突風のごとく吹き抜けたようである。
高台内は、火色と灰によって三つ巴の絵を描いている。
見込には全面にゴマ灰が降っている。
鼈甲色を呈している。外と内との劇的な場面展開。
灰の被り様から、これは二度窯入れしたのではないか。
総体に薄作りである。
めくるめくような、鯉江作中の秀逸と思われる。
口づくりに、欠けたようにみえるところがあるが、
欠けではなく、灰がしっかり被っている。

(\189,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.3cm.tall 径15.2~16.2cm

SOLD  '11 10/10


     鯉江良二作の茶碗を特集してみました。
     手許にある主だったものを、あらためてまとめてみました。
     鯉江茶碗の、いわばアンソロジーのようなものとして
     ご清鑑賜りましたら幸甚に存じ上げます。
     茶碗はある種、別格なる器物でして、
     私たちはそれらに対し、精神に属するものを観じ、
     あるいは映し込もうとしたりします。
     それは美であったり、なにか自分の生き方までも
     含む価値観であったりもするのではないでしょうか。
     鯉江先生の茶碗は、それをしっかりと受け止められる
     無二のもののように思われるのです。
     このような稀有の人の命長からんことを願ってのことでもあります。
                                     ギャラリー器館

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引筒茶碗 (2006) -4187-
2011/07/19

鯉江良二
鯉江版粉青沙器ともいえるもので、灰青色がみずみずしくも清々しい。
清水がうるおすように茶碗を覆う。
いわゆる水色のイメージぴったりの色合いを呈している。見込も清水を湛えるようである。
ポテッとした素朴な姿に無上の好感を覚える。
裏をかえせば場面展開がある。
高台は、片薄の三日月高台風だが、ユニークにて鯉江の面目躍如。
高台脇の水色の貝の目跡が、なにか印を押したようで、鯉江作を保障証明するかのようである。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高10.4cm.tall 径11.6~12.6cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 鉄絵粉引茶碗 (2006) -4185-
2011/07/19

鯉江良二
端反りの朝顔形茶碗。流麗、美しい姿をしている。
土は鉄の多い赤土で、鉄斑が化粧、釉を通して浮き出ていいる。
御本手のような赤味も鉄の作用である。
胴に縦に刷いた鉄が印象的で、胎土の鉄との相乗効果か、化粧に食い込むように焼きついている。
くっきり彫ったように走っている。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高9.0cm.tall 径14.8~15.8cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 粉引皮鯨茶碗 (2007) -4183-
2011/07/18

鯉江良二
井戸茶碗に準ずるというか、井戸脇風のフォルムである。
口縁に鉄をめぐらせてあるのを皮鯨という。この皮鯨の皮は幅広で、かつ景色の変化に富む。
見込の化粧も、画像ではわからないが、濃淡や流れがあり、見飽きない。
砂っぽい土で、高台内に土見せが残されている。
高台は、削った後、上から押しつぶしたような様子が面白い。高台から腰への削りが効いている。
とにかく鯉江良二の茶碗には、平板なものが一点もない。かならず陰翳を含んでいる。

(\147,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.2cm.tall 径14.8cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 信楽風細筒茶碗 (2007) -4179-
2011/07/18

鯉江良二
本阿弥光悦の孫の光甫(こうほ)の作に、信楽風のものがある。
世に空中信楽と呼ばれるもので、その中に「不二絵」という茶碗がある。
この茶碗はそれを彷彿とさせる。
もちろんご本人は倣ったわけではないだろうが、
このアマチュアリズム的天然自在さは、光悦へと通じるものを感じる。
とても軽やかな印象の茶碗。薄作りである。
内外に濃く淡く美しい火色を呈す。
口づくりは三角。高台はほとんどベタ高台。
茶巾摺りあたりに、二ヶ所石ハゼのような窯キズがあるが、外へ通っていない。
稀有の出来である。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高10.2cm.tall 径10.2~10.8cm

SOLD  '16 2/20

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 信楽風井戸茶碗 (2007) -4178-
2011/07/17

鯉江良二
力みなぎる堂々たる姿。見込の緋色が火焔のように走る。
姿は井戸風だが、井戸を念頭して作ったのではなく、出来たら井戸風だったのだと思う。
鯉江は古典を敬しているが遠ざける。倣作に走らない。
いくら迫っても紙一重の距離を、鯉江だからこそ感じるからである。
無数の長石粒が増殖するように浮かび出ている。しかし掌への感触は優しい。高台には彫刻美がある。
大ぶりだが、手取りは重くない。しかし軽くもなく、絶妙に挽かれてある。
口縁一ヶ所のへこみはキズではない。自然釉が掛かる。

(\189,000 税込) 共箱(with a signed box) 高9.3cm.tall 径15.8cm

SOLD  '12 4/22

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出黒茶碗 (2007) -4176-
2011/07/17

鯉江良二
化粧と鉄釉を掛分けて焼成、引き出している。くっきりとモノトーンになっている。
口縁内側が、ぐるりと2センチほど帯状に黒褐色を呈している(画像ではわかりにくい)。
その下が渋いマットな引出黒。深く、ピュアで、美しい黒である。見込もツートーンということである。
高台脇のフラットな平面が、ニョキッと高台を際立たせている。高台内は銀化している。
一ヶ所、窯キズ(ニュウ)が通っていたので、漆で直した。

(\189,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.9cm.tall 径13.2~14.4cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 青白磁半筒茶碗 (2007) -4175-
2011/07/17

鯉江良二
青白磁の茶碗。実物はより鮮明な、非常にきれいな淡青色を呈している。
釉の濃淡、垂れ、掛け外しと豊かな景色を見せる。
底を挽いてから、胴の筒部分をすとんと乗せている。つなぎ目が見える。
口は山道を描く。高台は削り出しで、瀬戸黒風のぺたんとした高台。
しかしくっきりとした放射状の削り跡というか、彫塑的場面を見る思いがする。尤品である。

(\126,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.0cm.tall 径11.2cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 青白磁半筒茶碗 (2007) -4174-
2011/07/17

鯉江良二
底から鋭いエッジで立ち上がり、腰でいったん柔らかなふくらみを見せ、すーっと口へと伸びていく。
シンプルのなかに序破急の趣きがある。
高台は、付け高台である。ロクロで挽いて作る。ペタンと餅をつぶしたような風情。
作者のこの手(青白磁)をもっと見てみたいと思うが、希少である。画像よりもより青い。

(\126,000 税込) 共箱(with a signed box) 高7.4cm.tall 径11.2~12.0cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 白化粧鉄彩茶碗 (2008) -4173-
2011/07/17

鯉江良二
むらむらと複雑な様相の茶碗である。化粧はしている。非常にうすくである。
高台あたりの土見せ部分が非常に黒く、化粧の残滓がオレンジ色となって見られる。
鉄分の非常に強い土である。冷却還元で土が黒くなる。
釉は、灰釉と鉄釉の掛け流しで、薄掛けのところは緑味を帯びる。
複雑な色合い。主調はうす緑である。画像では再現できない。
口縁は上から見ると三分の二が真円を描き、あとの三分の一が外へ反っていく。
薄手で手取りは軽い。高台は兜巾状。
どこか意識的によごしたような、きたないような印象の茶碗だが、
手に取ればそれが清澄な侘び味を帯びているのが確認させられる。
これもユニーク無比である。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高8.7cm.tall 径12.6~13.6cm

SOLD  '17 2/20

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME