ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 鯉江良二 【Ryoji Koie】 雲ヶ畑手粉引鉄彩茶碗 (2010) -4161-
2011/07/13

鯉江良二
塩笥(しおげ)風の、口のつぼまった茶碗。
いかにも掌になじむ。手取りはすこし重いが、手のひらにぴったりくるので気にならないと思う。
見込は、きれいな球体を描いており広大。
ネズ色の向うに白化粧がおぼろに見えて、天空を覗き込む思いがする。

(\136,500 税込) 共箱(with a signed box) 高9.2cm.tall 径11.9~12.2cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 雲ヶ畑手絵粉引呉器風茶碗 (2010) -4159-
2011/07/13

鯉江良二
杉形(すぎなり)の、高台からすんなりと広がる美しい姿をしている。
正面の、土から浮き出たような、濃い炭色のような鉄絵が白化粧をバックにして効いている。
なにかのアイコンのようである。
石臼のような高台が全体に安定感と、手取りの際の存在感を感じさせる。
鉄の非常に強い土らしく、胎土からさかんにドット文様となって浮き出ている。
化粧の白さとあいまって、これまた一幅の、モノトーンの抽象画をなしている。

(\136,500 税込) 共箱(with a signed box) 高9.0cm.tall 径12.5cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 呉須鉄彩茶碗 (2010) -4158-
2011/07/12

鯉江良二
口縁に群青色の玉が並んでいる。
染付に使う呉須が釉の流れによって引っ張られ、
ちょうど口づくりのところで玉となって止まっている。
口づくりの先端ところに、このような景色を見るのは初見であり、
余人にはかなわぬ、鯉江ならではの、
危うきところに一人遊ぶといった境地だと思う。
少し斜行したフォルム、高台脇の鉄の焦げ、
呉須と鉄彩による抽象画の風情、
ディテールと全体との間を、行きつ戻りつさせられる秀逸の作である。
高台脇から胴への立ち上がりの箇所に
窯キズがあったので、三日月形に銀で繕ってもらった。
漆芸の土井宏友による。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.7cm.tall 径12.4~13.2cm

SOLD  '16 2/20

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 引出翠茶碗 (2011) -4157-
2011/07/12

鯉江良二
最近作の非常に美しくも、清澄な感じの茶碗。
灰釉だろう、引き出されてあるが、えも云われぬ呈色を見せる。
透明感のある翠というか、エメラルドのような色合いで、画像より格段に鮮やかである。
ところどころのピュアな白が、翠をさらに際立たせる配色となっている。
見込は引き出しによってかせた黒を見せ、それが見込を深く広くしており、外との場面展開も見事である。
珠玉のような得難い尤品だと思う。

(\157,500 税込) 共箱(with a signed box) 高8.9cm.tall 径12.0~12.2cm

SOLD  '11 12/17

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 木野手絵粉引茶碗 (2011) -4156-
2011/07/11

鯉江良二
京都岩倉の木野土を使う。焼成は上矢作。
ほぼ片身に渡って流れる鉄彩が、墨絵を思わせる。深く陰翳を湛えている。
口へ行くにしたがい沓となる。還元が効いたのか薄く青みを帯びている。

(\147,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.7cm.tall 径10.8~12.0cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 木野手絵粉引茶碗 (2011) -4155-
2011/07/11

鯉江良二
これも岩倉木野の土。
鯉江は半筒茶碗をものするとき、高台および高台脇部分と、胴をセパレイトに作る。
底を作っておいて、その上に円筒をすとんと置くのである。鯉江良二オリジナルの手法なのだろうか。
だから動きに自在さが加わるのかもしれない。
高台脇の切れ上がりが尋常でない。
このフォルム。ヘラ目を入れるところを見てみたかったと思わせる。

(\147,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.2cm.tall 径11.1~11.7cm

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 木野手白楽茶碗 (2011) -4154-
2011/07/11

鯉江良二の白楽。
土を京都岩倉の木野に求めた。焼成も手ずからの楽窯による。貴重な作。
柔らかな乳白の釉、炭化とのコントラスト。釉の走りの様子が秀逸。
かなり薄手である。
自然で自在なロクロが、穏やかな静謐さを湛えて、作者のまた違った一面を見る思いがする。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高8.8cm.tall 径13.6~15.5cm

SOLD  '11 12/17

 鯉江良二 【Ryoji Koie】 木野手白楽茶碗 (2011) -4153-
2011/07/11

鯉江良二
こちらは上掲と比して、手強い印象。釉景色は相変わらずの無碍の世界である。
鯉江良二はヴァリエーションが無限大の人である。

(\168,000 税込) 共箱(with a signed box) 高10.0cm.tall 径13.4~13.6cm


                  *第一回 鯉江良二茶碗特集ここまで

 桶谷寧 【Yasushi Oketani】 禾目天目ぐい呑 -4087-
2011/06/26

桶谷寧の天目ぐい呑を二題。
禾目(のぎめ)とは、窯変の一つで、器の内外に、
兎の毛のような柔らかみのある細長い斑文が
細かく浮き上がっているところから、中国では兎毫盞(とごうさん)といい、
わが国では稲などの禾に見立てて、禾天目あるいは禾目天目という。
酸化鉄の結晶が窯中で熔けたあと、幾条にもなって
細かく流下した結果起こる現象とみられる、とものの本にある。
桶谷のものは、上述の定義のまま、
その美の最上域でのミーメーシスというか再現であると言える。
彼は曜変天目も自家薬籠中とする稀な人でもある。

(\84,000 税込) 共箱(with a signed box) 高4.1cm.tall 径7.8cm

 桶谷寧 【Yasushi Oketani】 禾目天目ぐい呑 -4086-
2011/06/26

桶谷寧

(\84,000 税込) 共箱(with a signed box) 高3.9cm.tall 径7.2~7.4cm

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME