ギャラリー器館
お知らせ TOP > ショップ
おすすめ作家の作品とギャラリー器館からのINFORMATIONを随時掲載しております
日常づかいの作品が中心の1Fギャラリー
1F: pottery for everyday use
鑑賞度の高い作品が中心の2Fギャラリー
2F: pottery for appreciation
写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343

作家名、品目等で検索できます。
search
resume
detailed search
 お知らせ 【Information!】 試みの茶事−北の丸大茶会のご案内 @
2010/08/16

「現代工芸への視点−茶事をめぐって」展に伴うイベントとして、
「試みの茶事―北の丸大茶会」を開催いたします。
現代工芸の多様な展開を検証する「現代工芸への視点」シリーズの第二弾として開催する
本展覧会は、近年にわかに意識が高まりつつある茶事(茶会)に焦点を絞り、
現代という時代における茶事にまつわる茶の湯の器を展示紹介するものです。
とくに展示では、茶会を意識した構成として、釜や茶碗、水指等の
茶会に必要な器を中心に場を意識した取り合わせを考えて、
近世期の茶の湯とは異なる茶の湯の器の様相と変貌を紹介し、
現代のスタイルを探ることを目的としています。
歴史ある茶事への意識は、本展覧会に出品を予定している作家に加え、
より若い世代の中でも高まりを見せています。
そこで本展覧会と絡めたふさわしいイベントとして、
若い世代の器を使った参加型の茶会を行い、
現代における茶事のスタイルを探るとともに、茶事と茶の湯の器の結びつきも探るものとします。
                                   東京国立近代美術館


茶とは、「ただ茶を点て飲むことなり」と利休は言ったといいます。
これだけのことが、日本のなかで大きな位置を占め、
茶道という「道」にまで昇華したのはなぜでしょうか。
「試みの茶事」は、現代陶芸家自身が道具をつくり、場をしつらえ、
客をもてなす、自分たちの茶の世界を提示する試みです。
それは、京都・先斗町のとある料理屋に
十数名の陶芸家が集まった、4年前の夜ふけに始まりました。
酒の酔いも手伝い、茶についての激論が交わされたあと、
「そんなら自分達でやってみたら」と話がはずみ自分たちが茶事のすべてに関わることで、
何が見えてくるかを試してみることになりました。
まず自分たちにとっての「試み」の茶事でした。
2007、2008、2009年の秋、京都、岐阜で開かれ、すでに3回を数えます。
それらは時代の流れとともに営々積み重ねられてきた茶の湯の決まりごとを、
我武者羅に飛び越えるかの茶事でした。
その愉しさと刺激から口こみで広がり人数を増し、今日に至っています。
この試みの中に参加する陶芸家たちにとっては、
茶の湯を自分に引き寄せて考えるきっかけとなり、
新しいやきものづくりの動機になりました。

2010年秋は、その「試みの茶事」がついに東京国立近代美術館工芸館の展覧会場において、
「北の丸大茶会」と銘打って行われます。
若い作り手たちによる茶事風景は、茶の世界に新たな風を送るものになるでしょう。
何卒のご来席、鶴首いたしております。
                       「試みの茶事−北の丸大茶会」実行委員会

*写真は、試みの茶事美濃の風景。

 お知らせ 【Information!】 試みの茶事−北の丸大茶会のご案内 A
2010/08/16

                       記

 ■開催日   2010年9月11日(土)、12日(日) 11:00〜16:30
          11日(土)、12日(日)のどちらか一日をお選びください

 ■会場    東京国立近代美術館 工芸館 2階

 ■共催    「試みの茶事−北の丸大茶会」実行委員会 東京国立近代美術館

 ■会費    お一人一万円[点心、濃茶、薄茶、菓子]
 
 ■入場    応募先着順にて締切りとさせていただきます(二日間で240名様)

 ●茶事進行 : 茶壷口切→点心→濃茶席→薄茶席
  (席により、次第の順が変わることがあります)
  (茶の心得のない方もご心配なくお出でください) 

お問合せ、お申込みは、試みの茶事実行委員会担当、岡村祐子まで。 okamu_0419@yahoo.co.jp
あるいは弊館当HPお問合せページより。
お申込み受付け後、あらためて詳細を添えたご案内状をお送り申上げます。

*お陰様にてご来席のお申込みが定員に達しました。
 ご予約の受付けを締め切らせていただきます。
 有難うございました。

 お知らせ 【Information!】 試みの茶事−北の丸大茶会のご案内 B
2010/08/16

●茶事に関わる陶芸家、現代美術、花、木工、金工、経師、その他諸職の方々
 
 秋山陽 厚川文子 伊勢崎晃一郎 伊勢崎紳 板橋廣美 市野雅彦 板原摩紀 伊藤慶二 今泉毅
 
 今田陽子 植葉香澄 内田鋼一 大江憲一 大谷滋 奥村博美 隠崎隆一 片山亜紀 加藤委 

 加藤亮太郎 金子賢治 金子司 嘉野恵美子 川上智子 川端健太郎 北澤いずみ 北村純子

 金憲鎬 金理有 桑田卓郎 鯉江明 鯉江良二 柴田眞理子 杉田一弥 鈴木伸治 角倉起美 

 静好堂中島 滝口和男 竹内紘三 武田享恵 竹俣勇壱 竹村友里 田嶋悦子 田淵太郎 堤展子

 戸田守宣 百々祥人 中島晴美 楢木野淑子 奈良美智 新里明士 西尾知子 長谷川潤子 

 長谷川直人 畑中圭介 原菜央 深見陶冶 福本双紅 藤田直毅 松本治幸 松本ヒデオ 三原研

 村田森 村田佳彦 望月薫 森野彰人 柳原睦夫 山田晶 山本哲也 横山直樹 吉川充 

 吉村敏治 留守玲 若尾経 若杉聖子 和田的 (五十音順敬称略)

●上記作家のうち、植葉香澄、内田鋼一、加藤委、新里明士、福本双紅、村田森の
 六名の作家をフューチャーし、それぞれ二畳大のコンパートメントのなかで薄茶席を
 しつらえていただきます(六席)。
 個性の競演となることでしょう。お楽しみにお出かけください。

 秋山潤 【Akiyama Jun】 白磁壷 -3366-
2010/08/10

秋山潤

(\52,500 税込) 箱なし 高19.7cm 径19.2cm

 植葉香澄 【Ueba Kasumi】 土器 キメラブーツ(往って来い窯) -3315-
2010/07/10

植葉香澄
独自のフォルムに日本の古典柄、それに古代土器の風情。
日本の古代というより、オリエント、ギリシャのそれにインスパイアーされたのではないか。
インスピレーションの自在性を感じる。

(\84,000 税込) 箱なし 高14.4cm 径21.6~33.4cm

 川端健太郎 【Kawabata Kentaro】 金銀彩ガラス象嵌コバルト釉鶴首瓶日芽=@-3280-
2010/06/06

川端健太郎
蓋付き瓶、あるいは蓋器ともいえるが、
蓋というより冠のようなもので、それが全体を荘厳している。
コバルトの青だが、銅によって呈色するターコイスブルーに近いか。
あざやかで、しかし柔らかい青。
無数の星のように白い結晶が浮いている。

(\105,000 税込) 箱なし 高38.4cm 径14.2~17.0cm

SOLD  '13 3/9


 鯉江良二 【Koie Ryoji】 上賀茂本山手黒楽茶碗 -3238-
2010/04/29

鯉江良二

(\157,500 税込) 共箱 高7.4cm 径13.0~13.6cm

SOLD  '10 4/27

 鯉江良二 【Koie Ryoji】 上賀茂本山手イラホ筒花 -3233-
2010/04/29

鯉江良二
花入れも数点出た。
これなど動きの一瞬を捉えたような風情で、動のなかの静を見るようで、
絶妙のバランスをみせながら、鎮まっている。
三つのパーツからなっている。
作者得意手の一つだが、このような姿まで持っていける人はそうはいない。

(\150,000 税抜) 共箱 高21.8cm 径13.2~14.8cm

 鯉江良二 【Koie Ryoji】 上賀茂本山手イラホ筒花 -3222-
2010/04/29

鯉江良二
ボルトナットのような盤口がドスンと鎮座している。
口と胴とで画然とツートンにしたのが成功している。

(\150,000 税抜) 共箱 高24.0cm 径11.2~12.4cm

 鯉江良二 【Koie Ryoji】 上賀茂本山手イラホ斜行カップ -3200-
2010/04/28

鯉江良二
亀板を斜めにして、ロクロを回す。身体も頭も踊らすようにして挽き上げる。
この手は、本人の弁では、八木さんより俺の方が先だとの由。

(\39,900 税込) 共箱 高9.3cm 径8.8~9.0cm

SOLD  '10 4/29

写真をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。
Click photos,and you can see details.

menu前ページTOPページ次ページspace.gif最後のページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343

Copyright (C) 2005 Gallery Utsuwakan All Rights Reserved. by seo
アクセス お問合せ ショップ ギャラリー HOME 器館HOME